排水トラブルにおける水道修理のポイント

法人においても、排水管 水漏れなど水道修理が必要な場面は出て来ます。汚水管だけでななく、エアコンのドレン管でも発生することがあり、それぞれの箇所のメンテナンスや修理を適宜行うことで快適な生活を送れるようになります。排水のことで気になることが出たら、専門業者に相談すると良いでしょう。

■水道水が変色した場合のポイント

水道水が異色となり臭いが生じていると、排水管 水漏れなどのトラブルが起こっている状態です。亜鉛メッキや鉄管を使用していると、錆が生じることで変色に繋がります。特に経年劣化した建物の場合は、コーティングの剥がれによっても起こります。蛇口を開けたままの状態で、しばらく水を流したままにしてみましょう。そのうえで変色が直れば、問題なく使用することが可能です。
排水管が新品であっても、変色が起こる場合があります。特に階数が高い賃貸物件の建物だと、貯水タンクから水が流れる仕組みとなっています。各種耐用年数を超えたりなどで錆が発生しても、濁りや変色の原因となります。水道修理業者でタンクの清掃をしている場合は、利用すると良いでしょう。

■屋外の排水管 水漏れ対応や個人でメンテナンスする場合

排水管 水漏れの原因が、屋外の設備が原因であることも少なくありません。特に工業汚水や厨房の油汚れは蓄積されることで、害虫の発生など二次トラブルの原因となりかねません。水道修理業者に相談すると、高圧洗浄機など相応の機械を用いて対処してくれます。プロの技術で施工をしなければ根本的な解決には繋がりにくいので、任せたほうが安心です。定期的な屋外排水溝の点検をすることでも、トラブルを回避できます。
個人でも、可能な範囲で清掃をすることによりトラブル回避が図れます。市販のパイプ洗浄剤や重曹を用いた清掃でも、排水トラブルを予防することができます。ただし重度の場合は、それだけでは間に合いません。場合によっては大がかりな作業となるため、相応な労力を必要とします。体力のある水道修理業者だと、各種点検やメンテナンスを概ね短時間でしてもらえます。

■まとめ
排水の流れが悪かったり変色が生じている場合は、しばらく流したままで様子を見てください。そのうえで改善されなかった場合は、排水管 水漏れなどのトラブルが疑われます。法人の場合は、大がかりな作業が必要となり相応に時間と量力が必要となります。その場合は、水道修理業者に相談すると良いです。放置したままだと二次被害を受けることになりかねないので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ